目の検査 | 八王子みなみ野駅 | ゴールドマン視野検査 | よしこ眼科クリニック

ゴールドマン視野検査
診療案内
眼科一般
小児眼科
白内障
緑内障
糖尿病網膜症
加齢黄斑変性
前眼部疾患
強度近視
飛蚊症
ドライアイ
花粉症(アレルギー結膜炎)
眼鏡・コンタクトレンズ処方
目の検査について
色覚検査
眼科ドック


院長ブログ院長ブログ
for Mobile
患者の気持ち

ゴールドマン視野検査

ゴールドマン視野計は、すべて手動式で検査するため患者さんの状態にあわせて検査できる点が優れています。検査員の技量に左右されるため、知識と経験をもつ視能訓練士が行うことが一般的です。もちろん当院では視能訓練士が行っています。
中心に近い部分はハンフリー視野検査の方が精密ですが、ゴールドマン視野検査では、視野全体を把握できる点から、患者さんの生活と関連して視機能を知るうえで大変役に立ちます。


ゴールドマン視野検査の方法

視野計の内側に顔を固定し、中心のマークを見つめ検査員が大きさや明るさの異なる光をゆっくりと動かしていきます。
患者さんは光が見えたらボタンを押すということを繰り返します。
この検査では、患者さんの病状や反応にあわせて検査のスピードを考慮しながら行います。

検査の終了後に、検査員が同じ大きさ・明るさの光で反応があった位置を線でつなぎますと等高線のようになります。



正常者のゴールドマン視野

上の図が右眼の正常視野です。
上は60度、下は70度、鼻側60度、耳側は100度です。
青く塗りつぶしてある部分はマリオット盲点といい、誰もが唯一見えない部分のことです。
日常この暗点を自覚することはありません。


ゴールドマン視野が対応する病気

進行した緑内障


  • 進行した緑内障
    上方に見えない部分があります。

  • さらに進行した緑内障
    中心部は視野がなく、
    耳側にのみ残存しています。

網膜色素変性症


網膜色素変性症

網膜色素変性症が進行すると、中心部の視野のみ残存することがあります。


頭蓋内病変


  • 同名半盲の左眼の視野

  • 同名半盲の右眼の視野

左右の視野で同じ側が半分見えなくなった場合は同名半盲といい、頭蓋内に病変がある可能性が高くなります。


視神経病変


心因性視力障害


心因性視力障害

視野が狭くなっていき、らせん状視野となります。


ゴールドマン視野検査の実際

検査に対する患者さんの不安、疲労度に対して臨機応変に対応できる検査です。
高齢な方、お子様にも適しています。
片眼ずつ行い、すべての検査が終了するまで40分から60分程かかります。
当院ではゴールドマン視野検査を予約制にて行っております。

医院概要

医院名 よしこ眼科クリニック
診療科目 眼科
適応疾患 白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、眼鏡・コンタクトレンズ処方
その他 一般眼科診療
電話・FAX 電話:042-632-8008
FAX:042-632-8228
所在地 〒192-0918
東京都八王子市兵衛1-3-1
ミクリスシティ4階

★JR横浜線「八王子みなみ野」駅改札を出て左のビル4階です。

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:00
◎…土曜日の診療時間 9:30~12:30
12:30~13:30は完全予約制となります。
【休診日】木曜、祝日、日曜
※眼鏡・コンタクトレンズ処方をご希望の方は受付でお申し出下さい。
 混雑時や来院時間等によっては後日再来院をお願いしております。
 目の状態によっては治療優先となります。