ブログバックナンバー | 八王子みなみ野 | 視力検査 散瞳検査 眼圧検査 | よしこ眼科クリニック

ブログバックナンバー
診療案内
眼科一般
小児眼科
白内障
緑内障
糖尿病網膜症
加齢黄斑変性
前眼部疾患
強度近視
飛蚊症
ドライアイ
花粉症(アレルギー結膜炎)
眼鏡・コンタクトレンズ処方
目の検査について
色覚検査
眼科ドック


院長ブログ院長ブログ
for Mobile
患者の気持ち

どうして視力を測るの?

日常生活では、私たちは両目でみていることがほとんどです。

片目の視力が極端に下がっても、気がつかないことがあります。
眼科の検査員が、見え方は変わっていませんかと尋ねます。
患者さんが視力は変わっていないと答えても、片目づつ視力を測ると、実際には視力が下がっている場合があります。
逆に最近、視力が下がったんだよねーとおっしゃっている方でも、視力を測ると変わりないこともあります。
眼科では、毎回同じ明るさで、同じ視力表で、トレーニングをうけた検査員が測りますから信頼性があります。
ただし視力は、あくまでも自覚的な検査で、患者さんの体調、睡眠時間、心の状態によっても、変動があります。


視力にはどんな種類があるの?

視力には主に遠見視力、近見視力があります。
遠見視力は5メートルか3メートル離れたところの指標を見る検査です。
近見視力は基本は30センチの距離で測ります。

また視力には裸眼視力と矯正視力があります。
裸眼(らがん)は、読んで字のごとく眼に何もしないで測る視力のことです。
矯正(きょうせい)はレンズを通して測る視力のことです。
裸眼視力が悪くても、矯正視力が1.0~1.5ありましたら、屈折異常といって近視、遠視、乱視のことです。この場合は、ほとんどの方が眼鏡やコンタクトレンズで見えるようになります。

矯正視力が1.0以下の場合は、何らかの眼の病気があると考えて、より詳しい検査が必要になります。


診察前に視力を測るメリットは?

点眼薬は医師の指示に通りに使用しましょう。また、昔に処方された点眼薬や他の方に処方された点眼薬の使用は絶対にしないで下さい。
  • 1. 病気を早期発見できる。
  • 2. 患者さんがどれ位困っているかご家族、
      医師やスタッフが理解できる。
  • 3. 今後の治療方針を決める際の基準になる。

このように、視力は眼科診療の重要な検査です。


眼は、視神経や網膜という脳と同じ中枢神経の一部ですから、一度悪くなると、完全に元に戻ることが難しい場合もあります。
どんな病気も、早期発見早期治療が一番です。早く見つかれば、治療期間が短く、治る確率も良くなる傾向があります。
皆様、視力が下がったと感じている方、変わっていないと感じている方でも、時間をつくって眼科にいらしてみて下さい。


« 目次に戻る