ブログバックナンバー | 八王子みなみ野 | 視力検査 散瞳検査 眼圧検査 | よしこ眼科クリニック

ブログバックナンバー
診療案内
眼科一般
小児眼科
白内障
緑内障
糖尿病網膜症
加齢黄斑変性
前眼部疾患
強度近視
飛蚊症
ドライアイ
花粉症(アレルギー結膜炎)
眼鏡・コンタクトレンズ処方
目の検査について
色覚検査
眼科ドック


院長ブログ院長ブログ
for Mobile
患者の気持ち

子供への点眼方法について

お子さんが怖がらないようにして、

やりやすい方法で点眼することが大切です。
(例えば、お子さんをひざの上に仰向けに寝かす等)
下まぶたを下げて、下まぶたの上に点眼します。

目を閉じると薬液が目の中に入っていくことが多いです。
点眼時に目をつぶってしまうお子さんの場合、

目の周りを清潔なガーゼやティッシュ等で拭いてから、目がしら付近に点眼してくださいね。
まばたきをさせると薬液が目の中に入っていくことが多いです。
涙で薬液が流されますので、

お子さんが泣いている最中は点眼を避けることが大切。
点眼時にお子さんが動き、容器の先で目を傷つけないように気をつけましょう(=⌒▽⌒=)

目薬にまつわる注意

油性ペンでボトル本体に直接記入しないでください。

油性インクがしみこむ恐れがあるからです。
封後はなるべく速やかに使用してください。

通常は1か月ですが、例外もあります。
定された用法・用量を守ること。

用法は薬の効き目と副作用のバランスを考慮し、決められています。
点眼後に、眼痛、腫脹、充血した場合は、直ちに使用を中止し、医師・薬剤師等に相談してください。
コンタクトレンズを使用されている方への注意点。

  • 1. コンタクトレンズを外さないと点眼できない目薬と外さないでも
      点眼できる目薬があります。
      ⇒添付文書の使用上の注意などをよく読んで、確認してください。
  • 2. コンタクトレンズを外して点眼した後は、充分な時間を空けてから
      コンタクトレンズを再装着してくださいo(__*)o

最後まで読んで頂きありがとうございます。


« 目次に戻る