ブログバックナンバー | 八王子みなみ野 | 視力検査 散瞳検査 眼圧検査 | よしこ眼科クリニック

ブログバックナンバー
診療案内
眼科一般
小児眼科
白内障
緑内障
糖尿病網膜症
加齢黄斑変性
前眼部疾患
強度近視
飛蚊症
ドライアイ
花粉症(アレルギー結膜炎)
眼鏡・コンタクトレンズ処方
目の検査について
色覚検査
眼科ドック


院長ブログ院長ブログ
for Mobile
患者の気持ち

“つけまつげ”とそれに使用する接着剤の危険性

米国眼科学会(AAO)は2013年5月8日、“つけまつげ”とそれに使用する接着剤の危険性を、消費者は認識すべきであるとの見解を発表しました。

具体的な危険としては、角膜の感染症、まぶたの感染症、まぶたの腫れ、ならびに、まつげの永久的または一時的な喪失が挙げられます。

これまでに、ホルムアルデヒドを含有するつけまつげ用接着剤の使用により、感染症やアレルギー反応を来したケースも報告されています。

こうした危険を踏まえ、AAOは、つけまつげの使用を検討している消費者に対して、

「エステティシャンが有資格で、評判の良い組織で働いていることを確認する」

「エステティシャンが、適切な手洗いおよび衛生管理を行なっていることを
 チェックする」

「接着剤の含有成分を、使用前に確認する」

などの点に注意すべきであると勧告しています。

つけまつげ、またはつけまつげ用製品の使用に起因する感染症、アレルギー反応、またはその他の炎症反応が発生した場合には、直ちに眼科医を受診する必要があります。

【関連リンク】
American Academy of Ophthalmology Warns Consumers about the Dangers of Eyelash Extensions


よしこ眼科クリニックより

当院でも、つけまつげや二重瞼にする接着剤で生じたと思われる眼瞼炎の患者さんが、散見されます。
その場合は中止をして、点眼薬、眼科用のステロイド軟膏、乾燥予防の軟膏などを処方し、数日~2週間で回復されています。
まだ重症の方は、幸いいらしていません。
もし”まぶた”の腫れ、赤くなる、かゆみ、目の充血、痛み、などの症状がありましたら、どうぞお早目にいらしてください。
早く治療をはじめた方が、早く綺麗に治ります(^^)/♡

« 目次に戻る